Creation 2014-

photo by Akiko Nogami

猿婿

ーThe face of strangers

'"The universe is made of stories, not of atoms"

 

                                         ーMuriel Rukeyser 'The Speed of Darkness'

プロジェクト
「猿婿−The face of strangers」


「猿婿-The face of strangers」では日本各地に存在する異類婚の説話をを題材に夢幻能の様式構成を用いて各地で再クリエイションされながら展開してきた。

そこに描かれる「異類」とはなんなのか、地域によって形を変える言伝えやおはなしの中から見えてくる場所の持つ特異性と物語の関係、その閉ざされた社会における女性の視点、性的道徳観やジェンダー間のタブー、結婚観などを現代の視点からみつめ共存の可能性について考える新しい物語として提示するパフォーマンスプロジェクト。

平井優子

猿婿-The face of stranger Stone garden version2014

民話ー言の葉の庭

 

「かたどる」ために「かたる」

膨大な知識と情報をもって保存される「歴史」に対して神話や民話として口承されてゆくもの。

世界は数多の物語で満ちている。民話はその土地に堆積する時間、取り巻く風景からアニミズム的要素をつよく孕んだ物語として生まれ、その物語は環境の変化や社会の形態の変化に伴い形を変えながら声の持つ永久的運動をもってその本質のみを残そうとする。森の奥深くから、池の淵から静かに語りかけてくる声がある。声は存在の証しそのものであり、かたちは違えどそこに共存するものたちの真実の声として永遠にこの世界に漂いつづける。

声が失われ、残響になってしまう前に「声」と出会う旅をしようと思う

 I hear your voice

 I hear your story

猿婿—The face of strangers/Hybrid version

「猿婿」としてリサーチしてきた多くの物語や風景が抽象的な空間のなかで複雑に絡み合い、あらたな民話を作り出す試み。

第8回恵比寿映像祭にて「動いている庭−Garden in Movement」にて上演。

猿婿(恵比寿バージョン)パフォーマンス動画

http://www.youtube.com/watch?v=sIq0a8n68Gg

平井優子 猿婿 02
yuko hirai 猿婿 03

2014真庭 バージョン 「猿婿ーThe face of strangers」、「青庭」 

 

山に囲まれて生きる人々から土地の記憶、民間に伝わる話、芸能などを中心に様々な風景を

フィールドレコーディングとして収集。

それらの音の数々が蝉の声の鳴り響く旧遷喬小学校講堂にしつらえた空間のなかに持ち込まれる。その空間は真庭を囲む森のように、そこに居るものがたちどころに居場所が解らなくなるような不安を与える混沌とした空間。

そのなかで民話をかたる声がこの閉塞を抜け出す唯一のよりどころとなり、秩序を成したかと思えばまた渾沌とする連続した空間のなかを奥へ奥へとつれてゆく。

民話やわらべうたの中に見る山岳信仰の習俗のなごりともいえるような女性観、神とのつながり

を古典的な様式を交えながらひとつの寓話のように描き出す。

 

■2014年8月、および9月

岡山県真庭市(山間部地域)に滞在制作してインタビューやリサーチを行う。

素材やサウンドをもとにパフォーマンス作品を発表後のフィードバックをもとに

ワークショップ+習作パフォーマンス(「青庭」)、空間展示作品(「MA庭」)を発表。

猿婿(真庭バージョン)パフォーマンス動画

http://vimeo.com/125982934

yuko hirai 003
yuko hirai 004

Photo by Akiko Nogami

猿婿ー2014 犬島バージョン

 

 犬島は歩いてまわれるほどの小さな囲われた島。

そこで植物、鉱物、音素材等を収集することからはじめる。

庭(舞台)は島の旧小学校の教室。

その中にしつらえた能舞台を思わせる三間四方のシンプルなプラトー。
そこに持ち込まれる様々な島の断片、さらには引用されたヴァージニアウルフ「灯台へ」、

「キュー植物園」の言葉からのイメージ、それらの断片がひとつの秩序を持って構成される。

 

犬島バージョンでは作家ヴァージニアウルフが川で自殺を遂げる際、彼女の夫にあてた遺書からはじまり、彼女と対話する様にして時間が広がる。
そこに現れる色彩豊かな庭園を彼女と共に歩き、花を愛で人を愛で老いを恐れ時を過ごすうちに
身体は彼女を映す鏡となりそこに彼女が生き返ることを許すが、同時に周りの植物たちと同じように既に死んでいるということを知る。
一定の時間の中にもいのちあるものが無惨に形を変えてゆく姿を知覚し、人もそれらの一部として肯定しそこにとどまっている。 

 

■2014年4月岡山県犬島にて第1回目のフィールドワークを行う。

 第11回犬島時間にて空間展示+パフォーマンス上演

yuko hirai 006

    photo by Daisuke Aochi

Performances in progress

第8回恵比寿映像祭

「猿婿 –The face of strangers−Hybrid Version」45min)

2016年2月20日 恵比寿ガーデンルーム

演出・出演 平井優子

ドラマトゥルク 原瑠璃彦

映像プログラミング 古舘健

植物図版 山内朋樹

照明 吉本有輝子 

舞台監督 河内崇

KYOTO EXPERIMENT 2014 フリンジ企画「使えるプログラム」

 山内朋樹「仮止めされた風景」

「猿婿ーThe face of strangersー

  Stonegarden version」公演30min)

 2014年10月3日(金) bijuu gallery 京都

 

演出・出演 平井優子

サウンド 原瑠璃彦

協力   竹島幸代(庭師)

 

http://kyoto-ex-useful.jp/archives/688

 

アート・ブリッヂ1301

「猿婿 –The face of strangers−」公演45min)

2014年8月23日 真庭市旧遷喬尋常小学校講堂

 

演出・出演 平井優子

ドラマトゥルク・音 原瑠璃彦

プログラミング 古舘健

特別出演 西本千奈美

協力スタッフ 池田正則 吉本有輝子 田平浩二 大塚典子

宣伝美術 南琢也

 

主催 岡山県 アート・ブリッヂ1301 レジデンス事業

共催 真庭市 真庭市教育委員会 真庭市文化芸術祭実行委員会

協力 (公財)真庭エスパス文化振興財団 やなる企画 まにワッショイ

 

http://1301.artmimasaka.jp/artist-hirai.html

 

 

 

犬島時間2014

「猿婿ーThe face of strangersー 犬島バージョン」公演(30min)

2014年 4月26日(土)  犬島自然の家 学習棟

 

演出・出演 平井優子

ドラマトゥルク・音 原瑠璃彦

 

主催 犬島時間実行委員会

協力 Virginia project 

 

http://blue-works.jp/inujima/

 

平井優子

Copyright©2015 YukoHirai_Creations

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now